厄介な乳児湿疹を防ぐ方法|赤ちゃんの肌は弱いから気を付ける

赤ちゃん

上手に活用する

親子

赤ちゃん連れでの買い物は、荷物と赤ちゃん両方を抱くことにもなるので大変です。その為、通販を利用するといいでしょう。特に紙おむつや粉ミルクなど、定期的に購入し、かさばって重いものは玄関まで運んでもらうことが可能です。人気の韓国の子供服なども、通販ならば簡単に手に入ります。

もっと読む

幼児が飲むべきもの

哺乳瓶

赤ちゃん用の水は、15度から20度くらいのものを一回につき10ccから20ccくらいの量をスプーンで少量ずつ上げるのがベストな温度と量です。また硬水よりも軟水であることが特徴の一つで弱アルカリ性に近いものがより良いです。

もっと読む

赤ちゃんの肌トラブル

乳児

晴れや痛みが生じる

新生児の赤ちゃんの皮膚は、大人と比べて、とてもデリケートです。なので、汚れや汗などをそのまま放置すると、乾燥などの肌トラブルになりやすいです。中でも特に厄介なのが、乳児湿疹といわれるものです。これは、顔や体、頭などに細かい湿疹ができる症状です。乳児湿疹は、必要以上に分泌された皮脂が肌の毛穴に溜まる事で起こります。そもそも赤ちゃんは、新陳代謝が活発なので、不要な皮膚、垢、皮脂が溜まりやすいのです。溜まった皮脂をきちんと落とさないと、雑菌が繁殖して湿疹ができやすくなるのです。乳児湿疹はかゆみが伴うことが多く、強く引っかくと赤い腫れ、膿みができてしまいます。そのため、症状に気づいたら、早く治療をしたほうが良いです。

お風呂でケアする方法

赤ちゃんの体に乳児湿疹ができた時の治療法は、体を清潔にする事です。乳児湿疹の原因は、毛穴に皮脂が溜まって不衛生な状態だからです。なので、お風呂で赤ちゃん用のボディーソープで優しく洗うと良いです。特に乳児湿疹がひどい所は、雑菌、汚れ、皮膚からの分泌物がたくさん溜まっています。なので、優しく丁寧に洗ってあげる事で、症状が改善します。また、乳児湿疹はかゆみが強いので、無意識に赤ちゃんが引っかいてしまいます。そうすると、患部が炎症して、ますます症状が悪化していきます。それを防ぐ為に、赤ちゃんの手にミトンをつけるなど対策を行う必要があります。ミトンは赤ちゃんのよだれ、皮脂で汚れやすいので、定期的に洗濯する事が大事です。

出産祝いに贈るなら

お母さんと赤ちゃん

出産祝いにベビー用品を贈るのであれば、ベビー服やスタイが人気です。また、おむつケーキなどもありネットで注文できます。もしベビー服を送るなら、今着ているものより大きいサイズのものを送りましょう。必要なベビー用品を聞いて贈るのも喜ばれます。

もっと読む